低カロリーのキャットフードでおすすめはこれ!

低カロリーのキャットフードでおすすめはこれ!

日々ご飯を与えている飼い主さんなら、きっと大事な猫ちゃんの変化に気づくことが多いはすです。

特にご飯を食べていたり歩いている姿を見ていると僅かな変化にも「ん?」と気づけるはずです。

そんな気付きで最も多いのはおそらく、肥満でしょう。

明らかに体系が変わってきますし、飼い主さんが立ってみると猫は上から見下ろすことが多いですからね。

「なんか丸くなった?」という気付きもすぐにあるはず。

今回はそんな肥満になってきたかもしれない、もしくはもう肥満になってしまった!と悩む飼い主さんのために、低カロリーで太りにくい、キャットフードをお勧めしていこうと思います!

大丈夫です。

気づいた今なら、きっとまだ間に合うはずです!

おすすめの低カロリーキャットフードを知る前に…。肥満になる原因を知ろう

低カロリーのキャットフードを知る前に、まずは肥満になる原因について一緒に確認していきましょう。

もうすでに調べて知っている人もいるかもしれませんが、改めて一緒に見ていってみましょうね!

肥満と判断される猫ちゃんの平均体重は何キロか

肥満になった時って、飼い主さんが上から見下ろすと体が少し横に平がったように見えますよね?

だけど、見た目だけで判断して「うちの子肥満になっちゃった!?」と思う前に、きちんと体重を量ってみましょう。

体重を量ったうえでどれぐらい太ってしまっているのか、確認することが大事です。

ちなみに適正体重を20%以上超えると、肥満と判断します。

肥満かどうか知るためには常日頃から体重を量って、自分の飼っている猫ちゃんの平均体重を知っておく必要がありますね!

避妊・去勢手術をすると太ってしまうことが…。病気の可能性も

猫が太る他の原因として考えられるのは、避妊・去勢手術をした場合です。

避妊・去勢手術をしてしまうとホルモンのバランスが変わるので、肥満になってしまうことがあります。

けれど手術をしないと他の病気を発症してしまう可能性もありますから、肥満になるから手術をしないというのはなかなか難しい事ですよね。

病気ではないにしてもホルモンバランスが崩れたことによる肥満なので、飼い主さんはご飯に気を付けてあげるようにすると、今よりは太らないように予防することが出来ます。

急に太ることもあるので、ご飯には気を付けてあげるようにしましょう!

甲状腺機能の低下で太ることもあるので、病気の可能性があるのも考えた方が良いかもしれません。

肥満の対策をしても何も変わらないようであれば、一度病院で診てもらうのも考えた方が良いかもしれませんね!

食べ過ぎ・運動不足だと太ってしまう

これは肥満になる原因の最も大きいところだと思います。

肥満になる原因の一番大きいところは、やはり運動不足と食べ過ぎによるものですね。

どちらも猫ちゃんの様子をきちんと観察してなければいけない事ですし、運動不足と食べ過ぎは飼い主さんが事前に防ごうと思えば防げるものでもあります。

猫ちゃんの様子をしっかり観察してあげて、運動不足になっていないか、食べ過ぎていないかチェックするようにしてあげると事前に防げる可能性が上がります。

肥満になってしまったかもしれない今でも、チェックするようにしてあげるとこれ以上の肥満を防げることになるので、実践してみて下さいね!

おすすめ低カロリーキャットフードはモグニャン!

肥満の原因について記載していきましたが、肥満の原因が上記のものだとしても病気で肥満になってしまった場合以外はキャットフードで改善できる見込みがあります。

もちろん適度な運動や、飼い主さん達があまりご飯をあげすぎたりしないという協力も必要ですが、ご飯を改善することによって猫ちゃんの肥満の予防にもなるんですよ。

この項目では低カロリーで太りにくい、モグニャンキャットフードについて簡単に説明していこうと思います!

気になる人は要チェックですよ!

白身魚を使っているため低カロリーで肥満になりにくい

このモグニャンはカロリーを沢山必要とする猫ちゃんのために、白身魚をたっぷり使用しています。

白身魚はカロリーが低く太りにくいので、肥満になりにくいご飯なんです。

ご飯は毎日食べるものですからね。

太りにくいものを使っているのは、とても有難い事だと思います。

けれど太りにくいからと言って沢山与えていいわけではないので、きちんと量を守って与える様にしましょうね!

穀物不使用のため、胃腸にも優しく、代わりに食物繊維の多いサツマイモを使用

しかもこのモグニャンキャットフードは穀物が不使用なので、穀物を上手に消化できない猫ちゃんの胃腸にはとっても優しいんですよ♪

穀物を摂取しすぎると消化不良や下痢、嘔吐を引き起こしてしまいますからね。

アレルギーになってしまう可能性もあるので、そういう可能性のあるものは使わないようにしているんです。

代わりに胃腸の働きを助けるために、食物繊維の多いサツマイモを使用しています。

モグニャンは胃腸に優しく肥満にもなりにくい、猫ちゃんのことをよく考えたキャットフードなんです。

どの猫でも食べられるようにオールステージに対応

しかもこのモグニャンはどの年齢の猫ちゃんでも食べられるように、オールステージに対応したキャットフードなんです。

赤ちゃんからシニアまで食べられるようになっているので、「年齢を重ねているのに肥満になってしまった!でもシニアの猫でも食べられる低カロリーのキャットフードが分からない!」という猫ちゃんにも、ピッタリ食べられるようになっているんです。

オールステージ対応だと、年齢を重ねた後にまた猫ちゃんに合ったキャットフードを探す手間が省けるので、便利で良いですよね!

低カロリーのキャットフードの他に…。肥満を予防できる3つのこと

低カロリーのキャットフード、モグニャンについて記載しましたが、とても猫のことをよく考えられたキャットフードでしたね。

色んなものに対応しているキャットフードなので、与えやすいフードだと思います。

けれど低カロリーのフードで予防する他に、飼い主さんが気を付けることでもっと肥満を予防することも出来るんです。

この項目では、飼い主さんが気を付けることで肥満を予防できる方法を記載していくのでぜひ実践してみて下さいね!

ご飯のあげ方を工夫する

猫ちゃんの肥満を予防するために、まず飼い主さんが出来ることと言えばご飯のあげ方を工夫することです。

猫ちゃんの餌というとおそらく置き餌をしている人も多いでしょう。

けれど置き餌をしてしまうと猫ちゃんはだらだらご飯を食べてしまって、それが肥満に繋がってしまうこともあるんです。

ゆっくり食べすぎるのは良くないですからね。

肥満防止のためには置き餌ではなく、きちんと計量して決まった時間に与える様にしてあげましょう。

特に餌を与えるときは数回に分けて与えると、満腹感を得やすいので出来れば数回に分けて与える様にしてあげるといいですよ!

適度な運動を心がける

猫ちゃんの肥満を予防するためには、適度な運動を心がけることも大事です。

太りすぎないようにするためにも、運動は絶対必要なんですよ!

猫ちゃんってよくひとりで散歩に行ったりしますよね?

飼い主さんがいない間に1人で出かけている可能性もありますが、それでも猫ちゃんとおもちゃなどで遊んであげるようにしてあげましょう。

飼い主さんとのスキンシップは猫ちゃんにとってストレス解消にもなるので、短い時間でも一緒に遊んであげと良いんですよ!

おやつを与えるのを控える

可愛いペットとなると、ついついあげたくなるのがおやつですよね。

猫を飼っている飼い主さんもきっと、日々おやつを与えるのに気を付けてはいるものの、可愛いとついついあげてしまう人が多いかと思われます。

猫ちゃんもわかっているのか、おやつが欲しいときとかってすごく可愛い目で見あげてきたりするんですよね…。

けれど飼い主さんは可愛い猫ちゃんを肥満にしたくなければ、耐えなくてはなりません…。

もちろん少量のおやつならあげても問題ないので、与えすぎないように気を付けるだけでだいぶ変わります。

可愛い猫ちゃんが太りすぎないように、適度なおやつを心がけましょう!

まとめ

低カロリーのキャットフードのおすすめについてご紹介してきました。

モグニャンは猫のことをよく考えて作られたキャットフードです。

白身魚を使っているので、お肉が主体のキャットフードよりもあっさりしていて、低カロリーで肥満になりにくいんです。

肥満予防や、これ以上太らないようにしたい飼い主さんにはオススメのキャットフードと言えるんですよ。

モグニャンで猫ちゃんに健康的な食事を与えてみませんか?

モグニャンは猫ちゃんの楽しいキャットフードライフを応戦しています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です