獣医さんおすすめのキャットフードはどれ?

獣医さんおすすめのキャットフードはどれ?

猫ちゃんにフードを買う際に、色々調べてみると沢山の種類があってどれがいいか分からなくなる人もいるでしょう。

実際ペットを飼っている身として、私もそのようなことを痛感する時があります。

何を基準に選べばいいかもわからないし、どうせなら信頼できる人の意見を見て買いたい…こう考える人は少なくないはずです。

今回は獣医さんがおすすめするキャットフードについてご紹介していこうと思うので、信頼できるキャットフードを買いたい人は是非ご覧くださいね!

獣医さんおすすめのキャットフードの前に、選ぶ基準を知ろう

おすすめのキャットフードを知る前にどのようなキャットフードを選べばよいか、基準をご存知ですか?

選ぶときは飼い主さんも最低限ここだけは!という基準を決めて選んでいると思いますが、猫ちゃんのためを考えるなら最低限この3つだけは選ぶ基準として覚えておいた方が良いんですよ!

下記にて3つの基準をピックアップするので、チェックしてみて下さい!

グレインフリー(穀物不使用)のものを選ぶ

猫ちゃんは本来肉食動物になります。

肉食動物のため、穀物類は上手に消化できないことが多いんです。

胃腸が穀物類を受け付けるようになっていないからなんですね。

あまり沢山の穀物を摂取してしまうと、消化不良や下痢・嘔吐を引き起こしてしまいます。しかも猫ちゃんは穀物は食べ過ぎてしまうと、穀物アレルギーにもなりやすいです。

少量の穀物なら胃腸の働きを助けてくれるので体にも良いんですが、残念ながら市販のキャットフードには大量の穀物が含まれていることが多いです。

猫ちゃんの体の健康を考えると、グレインフリーの物の方が良いのが良くわかりますね!

良質なたんぱく質を摂取できるものを選ぶ

肉食の猫ちゃんはたんぱく質を大量に必要とすることがあるので、キャットフードには豊富なたんぱく質が含まれているのが理想的です。

その他、引き締まった体を保つためには良質なたんぱく質の方が猫ちゃんにとっては良いんですよ!

良質な分、猫ちゃんの体も健康的になりますからね。

健康に元気で居て欲しい場合は、良いものを与える様にすると良いでしょう。

ミネラルのバランスをチェックする

猫ちゃんに与えるキャットフードで、ミネラルはとても重要なものになります。

けれどミネラルを摂取しすぎると尿結石の原因になることもあるので、注意が必要です。

猫ちゃんは水分補給も少ない動物なので、そのせいで尿結石になりやすいんです。

日ごろから水分補給をしているかのチェックも大事ですし、泌尿器系に問題がないかチェックしておくことも大事ですね。

キャットフードを買う際はミネラルがどれぐらい含まれているかもチェックしておきましょう。

獣医さんが選ぶ、おすすめのキャットフードはカナガン

キャットフードを選ぶ際は上記のようなことに気を付けるようにすると、きっと買うべきキャットフードが見えてくるはずです。

上記で紹介したことに気を付ければ、猫ちゃんの健康をしっかり保つキャットフードがきっと見つかりますよ!

ではいよいよ、獣医さんがおすすめするキャットフードカナガンについて、この項目で説明していきたいと思います。

カナガンは猫ちゃんの体をよく考えたキャットフードなんですよ!

グレインフリーで食物繊維たっぷりのサツマイモを代わりに使用

カナガンは、日本よりもペット先進国のイギリスで作られました。

イギリスではとても評価の高いキャットフードなんです。

グレインフリーで作られていて、猫ちゃんの胃腸に負担をかけすぎないような作りになっています。

けれど穀物が不使用ということは、本来胃腸の働きを助ける素材が一切入っていないということになります。

これでは猫ちゃんの胃腸が心配ですよね。

カナガンにはそんなことも考えて穀物が不使用の代わりに、食物繊維の多いサツマイモを使用しているんです。

食物繊維は胃腸の働きを助ける効果がありますから、穀物の代わりとして猫ちゃんの胃腸の働きを助けてくれるんですよ!

肉食の猫のことを考えて、チキンを主原料に使用

カナガンは肉食の猫のことを考えて、チキンを主原料として使っています。

ただのチキンを使っているわけではなくて、使われているチキンもイギリスの高級なチキンを使用しているんですよ!

良いものを素材として使用しているので、たんぱく質の質も非常に高いものになります。

しかもチキンはしっかり栄養が摂れるのに、油が少ないためあっさりしていて肥満にもなりにくいんです。

猫ちゃんの食べ物の素材としてチキンはとても向いている食材なんですよ!

しかもペット先進国のイギリスは4Dミートも使用していないので、とても安心できると思います。

4Dミートとは…

Dead 「死んでしまった動物の肉」

Diseased 「病気だった動物の肉」

Dying 「死にかけだった動物の肉」

Disabled 「障害のあった動物の肉」

これらの肉が使われている物は決して安全な物とは言えません。

原材料のところにきちんとした材料の名前が書かれていないものは、4Dミートの可能性を疑った方が良いでしょう。(ミートミールなどの記載は注意!)

無添加のため安心・安全

カナガンは無添加である点にもこだわって作られた、キャットフードです。

無添加ということは添加物…いわゆる合成の人工的な香料や着色料などを一切使っていないということなんです。

人工的な着色料や香料などを使っていると、猫ちゃんの体に異常が出てきてしまう可能性があります。

特に発がん性のあるものがあったり、甲状腺に異常が出てくる事もあります。

猫ちゃんのあらゆる病気のリスクを回避したい場合は、無添加のものを選んだ方が無難で安心できますよ!

獣医さんおすすめのキャットフードを買ってみた飼い主さん達の口コミ

おすすめするカナガンについて記載していきましたが、いかがでしたでしょうか。

正直商品の特徴をつらつら並べられても、よくわからない人の方が多いのではないかと思います。

そこでこの項目では、実際にカナガンを猫ちゃんに食べさせてみた飼い主さん達の口コミを集めてみました。

良い意見も良くなかった意見も両方ピックアップするので、是非参考に見てみてくださいね!

悪い口コミ

「下痢になって軟便に…」

『ネットの評価が高かったので買ってみたところ、食べ始めて2週間後ぐらいですかね。

突然血便をするようになりました。

便もゆるゆるで、仕方なく以前食べさせていたキャットフードに戻してみると、3週間後くらいに普通の便に戻りました。』

ノルウェージャンフォレストキャット(3歳の女の子)の飼い主さん 40代男性

「全く食べなかった」

『お試しのサンプルを買って与えてみましたが、うちの猫は全く食べませんでした。

そんなに味にうるさくないはずなんですが、公式サイト100%の猫が食べたというのはさすがに誇大広告過ぎませんか?

やっぱりあまり怪しすぎるのは買わない方が良いなと改めて思いました。』

エキゾチックショートヘアー(7歳の男の子)の飼い主さん 20代女性

キャットフードは猫ちゃんの個人差によって、合うか合わないかに分かれます。

血便や食いつきが良くない子はおそらく合わなかったんでしょう。

しかし、猫ちゃんに合っているか合っていないかは実際与えてみなければ分からないことです。

興味があるキャットフードがあるようだったら、まずは注文して食べさせてみるのが一番良いと思いますよ!

血便まで出てしまった場合は、かかりつけ医にすぐ診てもらったほうがいいのかもしれません。

良い口コミ

「好みによるところが大きいと思う」

『うちの猫は好き嫌いが特にない子で、今まであげていたフードから切り替えようと、このカナガンを購入。

最初は全く食べてくれませんでしたが、ちょっとずつ切り替えていったら食べるようになりました。

知人宅の猫は全く食べなかったようで、やっぱり猫の好みによるんだと思います。

うちの猫には合っていたので、買ってよかったなと思いました。』

アメリカンショートヘアー(5歳半の女の子)の飼い主さん 30代男性

「好き嫌いが激しい子でも食べた」

『うちは2匹猫を飼っていますが、1匹は好き嫌いが激しくてなかなかフードを食べてくれるような子ではありませんでした。

そのため、食いつきが良いと見かけたカナガンに変更。(100%食べたは大きく出すぎのような気がしますが…。)

公式サイトの100%食べたが怪しすぎたので、半信半疑で与えてみましたがなんと好き嫌いが激しかった子がバクバク食いつく!

逆にもう1人の子はそこまで食いつかなかったので、猫の好みによるのかなと考えています。

猫の好みはあげてみないとわかりませんもんね…。

私は与えて良かったともいました。』

マンチカン(3歳の男の子)とスコティッシュフォールド(1歳の女の子)の飼い主さん 50代女性

上記の口コミを見ればわかる通り、キャットフードの好き嫌いは個人差があります。

がっついて食べる子もいればそんなに食べない子もいて、挙句の果てには見向きもしない!という困った猫ちゃんもいるようです。

けれどフードには猫ちゃんの好みがあるものです。

猫ちゃんがきちんとこのカナガンを食べてくれるかそうでないかは、与えてみなければ分からないことでしょう。

猫ちゃんのことを考えてフードを選ぶなら、まずは自分と猫ちゃん自身で確かめてみるのが大事になりますよ!

まとめ

獣医さんがおすすめのキャットフードについて記入していきました。

キャットフードを選ぶ基準は無添加であるか穀物を使用していないか、良質なたんぱく質が使われているかによります。

これらを満たしたキャットフードを与えると、猫ちゃんの健康には良いこと間違いなしです。

けれど、フードには個人差があります。

合う子もいれば合わない子もいるので、まずは一歩、踏み出して猫ちゃんに気になったキャットフードを与えてみましょう。

カナガンは猫ちゃんの健康をずっと見守っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です